☆一つの専門職だけで生き抜いていく時代はもう終わりました。現在のお仕事以外にも収入の柱を何本も打ち立てましょう!☆espoポータルサイト
 

30年前のエコノミストの記事が予言していた通貨・フェニックスとは?

   1988年のエコノミストの記事が予言していた…
   通貨・フェニックスとは?

今から30年前の1988年に発刊されたイギリス誌
『The Economist』の表紙絵柄が話題になっている。

『Get ready for a world currency』の記事タイトルは『世界通貨に備えなさい』を意味するようですが

30年前すでに世界共通通貨の登場を示唆していたということでしょうか?

何よりも興味深いのは図柄ですが
日本紙幣と米国紙幣が大きな鳥類に踏みつけられ、
燃やされ、胸の位置にある貨幣に刻まれている文字が
『PHOENIX』そして『2018』と読めること。
記事の詳細は把握できていませんが
どう解釈すべきなのでしょうか?

仮想通貨の未来について、良きにつけ悪しきにつけ、さまざまな憶測が囁かれている2018。
中でも…取引所に上場するも下落の一途を辿り、電子ゴミ、詐欺通貨とすら呼ばれ、
批判の集中砲火を浴びているWITH COINの、ホルダー救済案として某氏から示された提案が奇しくも『不死鳥』を意味する『フェニックス・プロジェクト』なのだとか。

予言というもののあるなしは別として、30年前に記されたこの記事の意味するところが
気がかりになってくる。
ビットコインをはじめとする暗号通貨がフィアットを席巻しまくるのか?
そしてWITH COINに奇跡はありえるのでしょうか?

ポイントをお金に換金
遊びながら不労所得!

貴方の仮想通貨資産を
安全に保管しよう!

コインチェックに続いて今度はzaifがハッキング被害に!
他人事ではありません。大切な資産を失う前に、今できる最大限のセキュリティを!!

あなたのお店に一気に
集客!☆Aistagram

Instagramが集客にめっちゃ
効果的なのは知っている。
でも具体的にどうやったら
プロレベルの集客ができるか
わからない…というあなたへ

安心な仮想通貨取引所

金融業界で培った信頼と豊富な実績!仮想通貨を買うなら
今一番安心なGMOコイン!

まだ払い続けますか?
その高すぎる電気代!

新電力一括見積りサービス
最大54社に見積りで、最大
52.3%削減を実現しました!

ダメ営業マンから卒業圧倒的!セールス力!

 雨漏りや屋根の修理に
何十万円かけますか?

 仮想通貨デビットの
代理店で先行者利益!

モデルさんの美ボディ維持の秘密は『コレ』だったのかも!

無料でホームページをもつことができます

自分の得意を売ろう!
必要スキルを頼もう!

 シャドーバース

おすすめオンラインRPG